山梨で梨の収穫アルバイト 山梨で梨の収穫アルバイト 山梨で梨の収穫アルバイト

生命保険の種類とその選び方について

image

知っておくと良い生命保険の知識です。現在販売されている生命保険には、さまざまな種類があります。今回、このうち3つの生命保険について述べたいと思います。

まず第一には終身保険です。この保険においては、契約者は一定の期間、毎月または毎年一定金額の保険料を支払えば、契約者が亡くなった時には、一定金額の保険金を受け取ることができます。保険金は、保険料の支払期間はもちろん、保険料を支払い終わった後も受け取ることができます。

この権利は、終身にわたって消滅しません。つまりは、死なない人間はいないので、絶対に保険金を受け取ることが可能な保険と言えます。しかし、この保険金を受け取るためには、大体、保険金額以上の保険料を積み立てることになります。保険会社にあっては、資金の運用をしているので、支払期間が終了し、数年経過後の解約返戻金は、保険料総支払額以上となるが、それまでは解約によって損益が発生することになります。このため、貯蓄には向いていますが、いざというときに多額の保険金を手に入れる必要がある保険契約者向きではありません。

そこで登場したのが、定期保険なのです。

この保険では、契約者は保険料を支払っている期間のみ、保険金を受領する権利を得ます。このため、死亡率の低いわが国では、ほとんどの契約者は保険金を受け取ることなく契約が終わることになります。これにより、終身保険に比べて軽い保険料で十分な保険金を得る契約が可能になりました。共働きでない、扶養家族をもつ人にもっとも普及している保険です。

終わりに、保険金逓減型の定期保険です。

これも定期保険なのですが、前述の一般的な定期保険との差は、受け取れる保険金の金額がだんだん減少するかわりに、保険料が割安になることです。保険金が減少すると記載しましたが、契約した方が亡くなった時には、まるで給料を受け取るように、遺族年金の不足分を補う形で毎月、小額の保険金を受け取れます。30歳で妻と1歳の子どものいる人に比べて、50歳で妻と21歳の子どものいる人では、必要な保険の金額は少ないはずです。このライフスタイルの変化に対応した保険であると言うことができます。このほかにもさまざまな種類の商品があるので、自分のニーズに応じた保険商品を選ぶことをお勧めします。

imageBLOG PARTS